使い方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、写真のようにつけて音を出してみましょう。

親指を使わない時は、ゴムの中に親指を入れます。

親指を使う時は、ゴムの外に出して使います。

慣れないうちは白鍵だけで使うようにしてください。 

簡単なパッセージ

例えば、レミレド(指使いはなんでも結構です2321・3432)

などを30秒くらいリストボードをつけて繰り返してください。

そのあと、リストボードを外してその開放感を感じて軽く、

楽に弾ける感覚を味わってください。

 

普段より時間短縮になると思います。 

その時に・・・

 ① 弱い音で弾いてください。

  前述の通り、リストボードは指の感覚を目覚めさせるものですから、

大きな音、強く弾く必要はありません。

手首はもちろん、肘や腕、肩の力を抜いて、重力に逆らわないように意識して

腕の重みを感じてください。

でも、唯一指だけは重力に逆らって 「上げる」「下ろす」を繰り返します。

 

② 指はしっかり上げる

 打鍵も大事ですが、離鍵も大事です。

小さい音にして、けっして強くは弾かないのですが、

指はしっかりと上げて下さい。

このときも、肘や肩など他の部分に力が入らないように重みを感じて。

 

③ 長く弾かない

 弾きづらい所をピンポイントに取り出し部分練習をする時に、

気軽につけて普段と同じように練習してかまいませんが、

1回に長くても30秒くらいの使用が適当です

また、使用中に疲れを感じたら、直ちにリストボードを外して、

指や腕を休ませて下さい。けっして無理に長時間装着して弾かないでください。

 

 

 以上のようにリストボードをつけたり外したりしながら、

細切れに練習して指の感覚の変化を楽しんでください。

 

*使用上の注意

 ○ピアノの練習以外にはご使用にならないでください。

 ○かゆみやかぶれなどが生じた場合は、ご使用を中止してください。

 ○長時間使用により、手に疲れや痛みが生じた場合は、速やかに使用を中止し

  てください。(目安は、1回につき30秒〜1分です。)

 ○無理に力を加えるとボードが折れる場合があります。

Copyright © 2020 by CDEA. All rights reserved.

友だち追加