チョ・ソンジン氏の

リサイタル

3年ぶり・・・

 

 

 

 

 

2015年のショパンコンクールの

2次予選が終わったあくる朝

 

ホテルの朝食中に

 

話しかけて一緒に撮らせていただいた写真は

私の大切な宝物の一つ

 

それから7年

 

彼はすっかりビッグになり

 

今回は

 

ショパンを封印したかのようなプログラム

 

前半のハイドンは

相変わらずの美しい繊細な音色

 

ブラームスのバリエーションは

かつて自分は弾いたけど

こんな曲だったっけか・・

 

というくらい私のとは違っていました(当然か。。)

 

 

 

 

 

後半は

シューマン

 

 

 

 

これまた、私がイメージしていたシューマンとは

全く別物

 

シンフォニックエチュードも

 

私が思い描いていた

シューマンの力強く、太い音楽とは

全く別な世界でした。

 

彼の音は、強くても弱くても、

とにかく美しくそこから外れないところが

本当にすごいと思います。

 

そしてアンコールは

 

やはり

 

想定通りのショパン

 

スケルツォの2番から始まり

 

あれよあれよと

スケルツォ4曲

 

水を得た魚のように

生き生きと

 

サラ〜っと弾いてしまいました。

 

2年前にデビュー10周年を日本で祝う予定が

コロナで来れなくなって3年ぶりだったと

ステージ上からご挨拶もありました(聞こえなかったので

後からの情報です)

 

 

 

7年前のワルシャワのホテルで

 

この時は、まだ一位になるとも思っておらず。。

 

7年という時間

 

私は何をしてたんだろう・・

確実に言えることは

歳を取ったということです・・泣

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

コンサートのお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月1日にデュオリサイタルをいたします。

 

詳しくは

 

こちらをご覧ください

 

 

Copyright © 2022 by CDEA. All rights reserved.

友だち追加