近藤嘉宏氏による

ベートーヴェンソナタの解説

最終回でした

 

後期3大ソナタ

 
これまでのソナタと
全く違い
 
 
ロマン派の世界
 
 
拍子、リズムから解放されて
 
音楽の方向が
 
より
 
内向的に
 
 
より
 
色彩的に
 
変化している
 
 
そして
 
楽譜に書いてある
強弱記号
 
そのまま表現するのではなく
 
 
そこにある含みを
 
感じ取ること
 
と言うのが印象的でした。
 
 
 
 
いつも最後に話される
 
ベヒシュタイン・ジャパンの
加藤社長との対談では
 
ピアノの楽器の変化に伴って
作曲技法も変えている事を
 
彼の頭の中だけでこれだけの音を生み出出せたのだろうか
 
調子の良い時は、耳も少し聞こえていたのではないか
 
というお話も
 
とても興味深く聞きました。
 
 
 
こちらがベートーベン最後のグラーフのピアノ
(本多昌子先生より)
 
image

ここに耳を充てて

絞り出すように音を紡いで

壮大なスケールの楽曲を産み出していたのかと思うと

胸がいっぱいになります。

 

苦しい中でも書き続けられたのは

一体何がベートーヴェンを突き動かしていたのか・・・

 

そんな思いを馳せて

31番op110の演奏を聞きました。

 

image

近藤先生

深い学びをありがとうございました。

 
 
20日の朝までアーカイブが見られます。(3000円)
 
もし見たい方は、ご連絡ください。
 
今日も最後までありがとうございました。
 
 

 

 

 

Copyright © 2022 by CDEA. All rights reserved.

友だち追加